読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@uents blog

Code wins arguments.

AppBank主催のiPhoneアプリ勉強会に行ってきた

勉強会

もう1ヶ月近く前の話ですが、昨年12月にAppBankさん主催「iPhoneアプリ勉強会・プレゼン大会」(http://www.appbank.net/2011/12/12/iphone-news/340708.php)に行ってきました。色々と貴重な話が聞けたので、誰かの参考になるかと思い、いまさらながら当日のメモを公開します。

(小さく写っとるな。俺)

サイバーエージェント会社紹介 (from サイバーエージェントさん)

イベントスポンサーのサイバーエージェントさんからの会社紹介。関西地域のエンジニアを採用したい思いから、梅田にスマートフォンアプリ開発の拠点を立ち上げるそうです。

  • エンジニアの重要性
    • 技術力の差は重要。企画力•実行力はどこでもある
    • 最速/最高のどちらかを追求→アプリ内製化が必須!
    • プロトタイプ作成能力
  • 技術底上げ
    • 技術検証/開発検証
    • 社内でのアプリコンテスト

業務用アプリ開発の実態 (from フィードテイラー 大石さん)

主にアプリの受託開発を手がけているフィードテイラー 大石さんから、業務用アプリの開発実態についての発表。めっちゃ勉強になりました。
(1/9追記)フィードテイラーさんのブログに当日の資料が公開されていました

業務用アプリの実状
  • 今年に入り、業務用アプリの問い合わせ激増(というか爆増)
    • B2CではなくB2B
    • iPad vs Androidタブレットでは、iPadの指名が圧倒的に多い→よほどの事情がなければiPad
    • iPad vs iPhoneでも、圧倒的にiPad需要が多い→ラップトップPCの置き換え狙い
  • iOSのロードマップ
    • VPN、Microsoft Exchange Server、AirPlay Mirroringなど企業用途も見据えたバージョンアップを繰り返している
  • 法人導入事例
    • ANA 6000台、大塚製薬1300台→1回あたりの規模が大きいのが特徴
企業内活用で抑えておきたいキーワード
  • iDEP = iOS Developer Enterprise Program
    • AppStoreに公開できない変わりに、AppStoreを介さずに公開できる
    • DUNS Numberで証明。台数無制限。審査不要。¥24,000/Year
  • OTA = Over The Air
    • 社内アプリ配信サーバーのこと
    • もちろんVPNを介せば社外からもインストール可能
  • MDM = Mobile Device Management
    • 社内デバイス管理サーバー
    • configファイルを端末に強制的に入れ込める

これらは、iOS Xサーバーでも利用可能。ただし、オレオレAppStoreを立ち上げることになるので、もし社外に公開すると厳しい罰則あり。そのため、iDEP審査やAppleとの契約は少し大変。

業務用アプリの将来展望
  • 将来実需:2015年… スマホ3000万台、タブレット600万台
  • AppStore Volume Purchasing for Business

アプリ開発で問い合わせで多いパターンは、「こんなアプリをうちの会社向けにカスタマイズしたいんだけど作れます?」。つまり逆に言うと、アプリそのものがアプリ開発会社の広告になっている。(ちなみに、フィードテイラーさんのアプリ実績数は約70)

フィードテイラーさんの具体例:なまこ漁アプリ
  • 公立はこだて未来大学の先生からの依頼。なまこ漁の漁師さんを支援するアプリを作ってほしい(最初は何のことかさっぱり分からなかった(笑))
  • 具体的には、漁師さんがなまこを捕獲した際に、その場の天気・水温・水揚げ量などをiPadに記録
  • iPadに記録すると、データがGPS情報と紐付けされてサーバーに登録される
  • データが蓄積されると、なまこの量が捕獲できるポイントや今年は獲れすぎたかorまだ獲れるかなどの分析・プランニングが行える→計画漁業というらしい
  • iPadそのものの操作も簡単なため、ご年配の漁師さんにも好評
  • そんなに難しいアプリではないが効果絶大、みたいな例が多い
  • 次はエビ漁アプリを作ってほしいとのこと(笑)

iPhoneゲームで世界を変えよう!(from CAPCOM 手塚さん)

モンハン、ストリートファイターバイオハザードなどの超有名シリーズのベンダー、CAPCOMの手塚さんのセッション。最近はiPhoneアプリ市場にも積極的に取り組んでいるよというお話でした。アプリのマーケティングに関する話題が中心で、とても興味深かったです。

スマホ市場とゲーム開発

市場でどんなゲームが受けているかの調査が重要。端的に言えば、AppStoreのランキングにいかに入るか。ゲームそのものは、あまりプロモーションのしようがない。(MobageさんやGREEさんはがんがんCMを打ってるけど、あれはDL数を稼ぎたいというより、会員数を増やしたいからと分析)

  • 2011年の国内トップセールス100を分類すると、無料=47、¥85=17、それ以外=36
それぞれの特徴
  • フリーミアム
    • 基本無料。アイテム課金型。
    • IT/Mobile屋が得意。
    • ゲームメーカーでこのビジネスモデルを構築できている所は少ない
    • サーバー技術、運営/ランニングコストが重要
  • カジュアル
    • インディーズ/ストア系が得意
    • 開発コストが低いが、過当競争。マーケティングが難しい
  • プレミアム
    • 伝統的なゲームメーカーが得意
    • 開発コストが高い。ターゲットが難しい。マーケットシェアが小さい

ゲーム開発は、ひとことで言えばほとんどがリソース配分で決まる。

  • 基本的にはコンソールゲームのリソース流用なので、iPhone向けの開発費は知れてる。見せ方や操作性を工夫するくらい
  • ただし(フリーミアムと比べて)ユーザーの期待値もものすごく高い→期待を裏切るとレビューの星がつかない→ランキングが下がって失敗する
今後の主戦場
  • どう考えてもフリーミアムモデル
  • ゲームの定義がかわる!
    • ゲームはサブカルから一般的な娯楽に
    • 潜在客の膨大さ。誰でもゲームする時代。グローバルでも同じような展開
  • 作り手は?
    • 参入障壁0
    • 過去のゲームカルチャーとの決別
    • あらゆるデベロッパーによる戦国時代へ
    • 逆に言えば、誰にでもチャンスがある!
CAMCOMの取り組み
  • プレミアム+ソーシャル。てんこもり的な感じで(笑)
  • プレミアムゲームをフリーミアムで提供。サーバー負荷の低いアクティブアプリを心がける
  • GREEと提携してモンスターハンターを開発中

つりポン!あれこれ (from サイバーエージェントさん)

サイバーエージェントのゲームアプリ、つりポン!開発秘話について。

①ゲーム紹介

開発体制

  • 7、8名くらい
  • 実装メンバーは3名
    • ゲームロジック、UIデザイン
    • UI実装(画面操作)
    • UI実装 (サーバ連携)

オフライン対応と非会員対応

  • オフライン対応
    • 主に通信処理結果のハンドリング→エラーしたらオフラインみたいな
  • 非会員対応
    • 会員対応と非会員対応の内容差をつけていたが、AppleからRejectされたので無くした
    • データはなるべくローカル保存
    • 非会員→会員への誘導 = 実際に試してみて下さい(笑)
  • AppStoreのレビュー誘導は重要
    • 10日で10万DL、1万6千件の評価
②cocos2dを利用した最適化・高速化

傾向と対策

  • OpenGLの描画関数の読み出し時のオーバーヘッド
    • GLDrawArray()など
    • 対策
      • TexturePacker()でテクスチャを1枚結合
  • テクスチャロードの非同期化
    • 同期だと重い
    • 対策
      • addImageAsync()
      • シーン遷移のフェードアウト時に裏で走らせるなど
  • テクスチャフォーマットの調整
    • デフォルトはARGB 32bit
    • 対策
      • テクスチャ毎にカラーフォーマットを使い分ける
  • cocos2dのモーション制御の最適化
    • CCSpawnやCCSequenceは処理コストが大きい
    • 対策
      • モーション制御クラスは独自実装
      • iPhoneはARM V7なのでNEONサポートによるSIMD演算が可能(vmulq_f32()とかちらっと見えた)
  • コンフィグの微調整
    • ccConfig.hのオプション調整

参考文献

  • 書籍
    • cocos2dで作るiPhoneiPadゲームプログラミング
    • OpenGL ES 2.0
    • iOSデバッグ&最適化技法
    • iOS SDK Hacks
      • alloc/deallocを監視したい
      • 特定メソッド入れ替え
  • WEB
    • iOS OpenGL ESプログラミングガイド
    • ARM Information Center
    • PowerVR Insider Developer Programme
③制作環境やゲーム制作で意識したこと

当時に製作状況

  • Pigg APIが未定
  • FlashベースのPCサービスでの障害などなど

意識していたこと

  • CEDEC2010の遠藤さんのセッション
  • やめどころが分からないようにする
  • 1プレイ中の達成感をめちゃくちゃ小さくする(小さくした方がリプレイを促す)
  • 簡単だけどついやっちゃう
  • 女の子意識→でないとDL数が稼げない
  • でもおもしろい

要素は盛ればいいってものではない?

  • 既存の要素と矛盾する要素を入れこむと、相殺されて面白くなくなる
  • ライトゲームの場合は、女の子の意見の方が確信を得ている

PiggをiPhoneで動かすには?

iPhone市場について (from AppBank 村井さん)

小休憩がてら(?)、雑多な話が色々とありました。

  • 3年で1万本以上のアプリレビュー
  • お店も出しました→大阪も進出検討中!
  • その他、勝手な予想など

アプリ開発者LT

アプリ開発者13人による、6分/人のLTタイム。笑わせてもらいました。メモは取ってないです。

懇親会

LTの後、会場そのままで懇親会へ。サイバーエージェントさんから軽食&ビールの差し入れがあって盛り上がりました。太っ腹。個人的には、はてなスタッフの二宮さんとお話させて頂いたのが嬉しかったです。(HatenaAlbum、楽しみにしてます!)

感想

何より生のアプリ開発の実態を肌で感じられたのがよかった。B2B市場は、大手企業が販促•業務支援でスマホ/タブレットを活用する流れが加速して、そこにビジネスチャンスが色々とありそう。コンシューマー向けのアプリ市場は、SNSベンダーに加えてコンテンツホルダーが本気で乗り出してきて、これまで以上に覇権争いが進むでしょうね。Sonyのような大手ベンダーのプラットフォームとどう棲み分けが進むかも注目ポイントだし。
とにかく今いちばんアツい業界のひとつだけあって、貴重な話が多すぎでした。俺も頑張らないと。